綾瀬はるか「世界平和」の夢にこめた「祖母との約束」 2018.2.15 女性自身

綾瀬はるか「世…

経由: 綾瀬はるか「世界平和」の夢にこめた「祖母との約束」 2018.2.15 女性自身 — 異教の地「日本」 ~二つの愛する”J”のために!

広告

ピース・綾部祐二のNY生活が明らかに…ホームパーティー開催で人脈作りに努力

Ganbag

綾部祐二(ピース)
10日深夜放送のラジオ番組「オードリーのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、ピース・綾部祐二の渡米後の活動が明らかとなった。番組では、オードリー・若林正恭と春日俊彰のふたりが、アメリカ・ミネソタ州を番組収録で訪問した際、綾部と会ったエピソードを披露。綾部は昨年10月に渡米し、現在ニューヨークに住んでいるが、ミネソタとそれほど離れていないため、やって来たようだ。オードリーと綾部は3日間ロケを共にし、あるときレストランに行った。だが、綾部は満足に英 全文
トピックニュース02月11日 12時09分

cc_by-nd

from ライブドアニュース – トピックニュース http://ift.tt/2EYtitb

元の投稿を表示

狩野英孝の自作台本を事務所があっさり却下「意味が分からない」

Ganbag

狩野英孝
4日深夜放送の「EXD44」(テレビ朝日系)で、お笑い芸人の狩野英孝が、自分で行おうとした芝居の仕事を事務所からあっさり却下されてしまったと明かした。番組では、ゲストの狩野がMCのバカリズム、タレントのYOUと「街で見つけた気になるサプリ全部試してみた」というVTRを見て、さまざまな意見を語り合っていた。番組終盤、狩野と同じ芸能事務所に所属しているバカリズムが「(狩野は)やりたいことがいっぱいあるでしょ?」「この人の創作意欲ってすごい」と狩野の向上心を称賛した 全文
トピックニュース02月05日 10時55分

cc_by-nd

from ライブドアニュース – トピックニュース http://ift.tt/2nB4Bev

元の投稿を表示

“読書芸人”オードリー・若林正恭が読み終えた本を売らずに捨てる理由

Ganbag

若林正恭(オードリー)
30日放送の「セブンルール」(フジテレビ系)で、オードリーの若林正恭が、読み終えた本を売らずに、捨ててしまう理由を明かした。番組では、三省堂書店神保町本店の書店員・新井見枝香さんに密着取材。新井さんがプッシュした作品は「必ず売れる」とまで言われているという。VTRでは、そんな新井さんが自宅の本棚を紹介する場面も放送した。壁に設置された本棚には、本が乱雑に詰め込まれており、今にも雪崩が起きそうなほど。新井さんは、雪崩が起きると本を捨てるのだとか。なんで 全文
トピックニュース01月31日 10時38分

cc_by-nd

from ライブドアニュース – トピックニュース http://ift.tt/2EoJB1W

元の投稿を表示

「ホントにイライラする!」ダレノガレ明美が″港区女子″への烈発言を連発

Ganbag

ダレノガレ明美
21日放送の「ウチくる!?」(フジテレビ系)で、モデルのダレノガレ明美が、「港区女子」への嫌悪をあらわにしていた。この日は、東京・世田谷にある焼肉店で、タレントの紅蘭とMCの中山秀征らがトークを展開。紅蘭の友人として出演したダレノガレの”炎上発言”が話題になる中、ダレノガレは港区女子が一番許せない存在だと明かしたのだ。番組によると、港区女子とは「女としての魅力を最大限に利用し、したたかに生きる女たち」「お金持ちのおじさんと遊んだり、おいしいものをご馳走に 全文
トピックニュース01月21日 15時59分

cc_by-nd

from ライブドアニュース – トピックニュース http://ift.tt/2mYrGYh

元の投稿を表示

「宗教改革500周年」に思う

鏡を通して ―Through a Glass―

本日、2017年10月31日は500年目の宗教改革記念日です。1517年のこの日、マルティン・ルターがヴィッテンベルク城教会の扉に「95箇条の提題」を掲示したのが宗教改革の始まりと言われています。

640px-Luther95theses

もちろん、実際の宗教改革はルター個人が始めたものと言うよりは、もっと大きな歴史的流れの中で起きていった運動ですので、正確にこの日に宗教改革が始まったとピンポイントで特定できるようなものではないと思いますが、一つの象徴的なできごとであったことには間違いないでしょう。

ルター作「神はわがやぐら(Ein feste Burg ist unser Gott)」

プロテスタント教会では国内外で宗教改革500周年を記念してさまざまなイベントが行われています。私自身もプロテスタントに属する一キリスト者として、やはり感慨深いものがあります。しかし同時に、プロテスタント教会は、ただ500周年を無邪気に祝うだけではなく、これまで歩んできた道を振り返り、改めるべきところは改め、さらなる改革を進めていかなければいけないのではないかとも思っています。

元の投稿を表示 さらに75語