[競泳] 北島康介、五輪逃し引退 「わりとすがすがしい。自分にお疲れさま」 — Favorits Article from Japan

・北島、五輪逃し引退=平泳ぎ2連続2冠 競泳男子平泳ぎで史上初の五輪2大会連続2冠に輝いた北島康介(33)=日本コカ・コーラ=が8日、現役引退を表明した。東京辰巳国際水泳場で行われたリオデジャネイロ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権男子200メートル平泳ぎ決勝で5位に終わり、100メートルに続いて落選。5大会連続の五輪出場がなくなり、レース後に「五輪で終わるか日本選手権で終わるか、覚悟を持ってやってきたつもり。(真剣勝負は)自分の中では終わりです」と語った。 北島は五輪に初出場した2000年シドニー大会で100メートル4位。続く04年アテネ、08年北京大会では100メートル、200メートルの平泳ぎ2冠を果たした。北京大会後に休養し、復帰後の12年ロンドン五輪では個人種目のメダルを逃したが、メドレーリレーで銀を獲得。4大会で金4、銀1、銅2の計7個を手にした。 今大会の100メートルでは2位に入ったが、日本水泳連盟が定めた派遣標準記録を突破できず、五輪出場権を獲得できなかった。最後のレースを終えて、平井伯昌コーチらへの感謝の気持ちを表すと、目に涙を浮かべた。「結果は結果なので受け止める。最後まで自分の攻めのレースができた。悔しいが、晴れ晴れしい、やり切った気持ちでいっぱい」と語った。 北島 康介(きたじま・こうすけ)高校3年時の00年シドニー五輪で男子100メートル平泳ぎ4位。03年世界選手権では100、200メートルとも世界新記録(当時)で優勝。両種目で04年アテネ、08年北京の五輪2大会連続2冠。12年ロンドン五輪は100メートル5位、200メートル4位、男子400メートルメドレーリレーでは銀メダルを獲得した。178センチ、72キロ。33歳。東京都出身。[2016.0.08] via http://www.jiji.com/jc/article?k=2016040800888&g=spo&m=rss ・「わりとすがすがしい。自分にお疲れさま」=引退表明の北島 リオデジャネイロ五輪の代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権第5日は8日、東京辰巳国際水泳場で行われ、アテネ、北京両五輪男子平泳ぎ2冠に輝いた北島康介(33)=日本コカ・コーラ=は200メートル平泳ぎ決勝で5位に終わり、リオ五輪出場を逃した。レース後、北島は「(真剣勝負は)はい、これで終わりです。もうこの興奮を味わうことはない」と語り、第一線からの引退を表明。レースや競技人生を振り返った。 -レースを終えて 結果は結果なんで、もう受け止めるしかない。よければ喜ぶし、負ければ悔しさが残る。結果はあまりよくないが、最後まで攻めのレースができた。わりとすがすがしいというか、悔しいけれど、晴れ晴れしい気持ち。やり切った感がいっぱいだ。自分にお疲れさまと言いたい。 -今の心境は もう、五輪(の大舞台)しか、自分には残された道はなかった。その中で、去年からもう1回五輪へ、という気持ちを奮い立たせてもらった。この10年以上、いい時もあったし、自分の中で消却できなったり、整理できなかったりした時もあったが、長い間、水泳に携わらせてもらった。最後は不本意な結果になったが、多くの人にしっかり見てもらうことができた。次のステージに行きたい。 -平井(伯昌コーチ)への思いは やっぱり、最後は平井先生ともう1回、五輪に行きたかった。中学生の時から見てもらったから。(最近の)弱くなった自分を見て、また自信と強さを取り戻そうとしてくれて、コーチには感謝の気持ちでいっぱいです。 ◇「次は何で興奮味わったらいいのか」 -今後は (真剣勝負は)はい、自分の中ではこれで終わりです。リオ五輪で終わるか、この日本選手権で終わるかという気持ちで去年から取り組んできた。後がないのは分かっていた。ここで散れば、自分の競技も終わりだなという思いでやってきた。終わったんでしょうがない。きょうまで五輪に行くことを目標にして来たんで、終わって数分で安易な答えはできないが、この興奮は二度と味わうことはないので、競技をやめた先輩方に、(代わりに)どこで興奮を味わっているのか聞いてみたい。 -きょうのレースは 2分8秒台を想定してトレーニングしてきたので、(2分9秒96は)恥ずかしいけれども、これが結果。そういうレベルを目指すという気持ちで大会に乗り込んでこられたということでも悔いはない。攻めて、苦しくなる最後の25メートルで伸びて行こうという気持ちだった。どうしたら最後粘れるか想像したが、粘れない。粘れるだけ粘って、自分と(平井)先生を信じてという気持ちだった。できなかったけれども。最後、タッチも流れてしまったね。これからまた、悔しい気持ちがフツフツと沸いてくるでしょう。 -年齢は感じたか そりゃ、ありますよ。練習中に熱は出るし、思うようにトレーニングさせてくれない。何とか自分を奮い立たせてきたが…。 -競技生活を振り返って (水泳は)睡眠と同じぐらいの時間を過ごした自分にとってのベストパートナーだった。その中で自分を高め、自分を苦しめ、成し遂げられることの魅力を感じてきた。一生懸命やって、自己ベストを出したいという気持ちは(きょうも)小さい時と一緒だった。誰もが知る五輪のマークに憧れ、小さい時からオリンピックを夢見た。その思いは今も変わらない。日本も若いチームになったと思う。きょうも10年前は予想もしなかったレベルの高い中で、(33歳の)自分が戦うことができた。また温かい気持ちで日本の水泳を見守ってください。 前日の準決勝を3位で通過した後、「もう駄目だったら駄目だし、悔いのない200メートルを泳ぎ切りたい」と決意のほどを話した北島に、少年時代から指導してきた平井コーチは「まだレガシー(遺産)になってもらっては困る。レジェンド(伝説)のままでいてもらわないと」という言い回しでエールを送った。 「最後のチャンス」と北島が位置付けたリオ五輪への挑戦は終わり、5大会連続の五輪出場は確かに果たせなかった。一方で、低迷の時代を経て「水泳ニッポン」は確かに復調。今大会でも10代の若手選手が続々五輪代表の座を手中に収めるなど、リオ、そして4年後の東京五輪へ、若手の芽も次々に育っている。10年以上、その上昇気流をけん引し続けたのは、間違いなく北島だ。 五輪で金メダル4個を獲得した希代のスイマーは、「レジェンド」としても、「レガシー」としても、今後の日本水泳界に生き続ける。将来を担う後輩たちも、33歳が諦めずに見せた最後の挑戦を、その目に焼き付けたことだろう。それがまた、日本水泳界の未来の力になる。 via http://www.jiji.com/jc/article?k=2016040800953&g=spo&m=rss ◆北島選手の競技活動歴と実績 ■2000年 ・日本選手権:100m平泳ぎで日本記録を樹立し優勝 ・シドニーオリンピック 100m平泳ぎで4位入賞 この時、北島選手はまだ高校生でした。 ■2001年 ・日本選手権:50m、100m、200m平泳ぎ全てで優勝 ・世界水泳選手権:200m平泳ぎで銅メダル ■2002年 ・日本選手権:50m、100m、200m平泳ぎ全てで優勝(2年連続) ・パンパシフィック水泳:100m平泳ぎで優勝 ・アジア競技大会:200m平泳ぎで世界記録を10年ぶりに更新し優勝 ■2003年 ・日本選手権:50m、100m、200m平泳ぎ全てで優勝(3年連続) ・世界選手権:100m、200m平泳ぎで世界記録を更新し優勝・400mメドレーリレーで日本記録を更新し銅メダル ■2004年 ・日本選手権:50m、100m、200m平泳ぎ全てで優勝(4年連続) ・アテネオリンピック 100m平泳ぎで金メダル 200m平泳ぎでオリンピック記録を更新し金メダル(二冠) 400mメドレーリレーで銅メダル 100mのレース後のインタビューで放った「チョー気持ちいい!」というコメントは2004年の新語・流行語大賞に選ばれました。 ■2005年 ・JAPAN SWIM(旧・日本選手権):50m平泳ぎ優勝(5連覇)、100m平泳ぎ優勝(6連覇) […]

経由: [競泳] 北島康介、五輪逃し引退 「わりとすがすがしい。自分にお疲れさま」 — Favorits Article from Japan

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中